田舎研究者のボードゲーム備忘録

田舎に住んでいるアラサー研究者のボードゲーム備忘録

ガイスター

ガイスター

2人用

10分位

 

あまりボードゲームやった事がない友人に布教兼ねてボードゲームカフェに

 

評判もいいけどやった事ないゲームだったのでチャンスだと思って挑戦

ルールが簡単で一回のプレイ時間も短いので、負けた時のもう一回が気軽にできる。

 

ゲーム中も話しながらブラフをかけたりできるので、運要素少ないゲームだけど思ってた以上にワイワイゲームができたのでとても良かった。

 

 

ガイスター

ガイスター

 

 

 

キョンシー

キョンシー

2〜5人

30分〜

 

キョンシーから逃げながら財宝を集めるゲーム

呪いのミイラのリメイク

 

重ゲー会の息抜きの軽ゲーだったんですが、勝ったからかもしれないけど、とても面白かった。

あまりやった事ないタイプのボードゲームだったんですがコンポーネントの仕掛けがとても良くて、キョンシーに捕まるかどうかのハラハラ感がとてもいい。

 

結果はなんとか宝集めきって一人勝ち。少しクズいけどキョンシーをいかにして別のトレジャーハンターに誘導できるかが勝負のポイントな気がした。ただ、とられすぎるとキョンシーの勝ちになってしまうのでその辺の加減とかサイコロをキョンシー側に返すタイミングとか、単純だけどそれなりの駆け引きがあるので子供から大人まで楽しめそうな良作だった。

 

 

f:id:tiadd:20170813222333j:image

 

 

 

 

 

コズミックエンカウンター

コズミックエンカウンター

3〜5人

90分以上

 

初出は40年前の侵略、陣取りハチャメチャ特殊能力ゲー

 

一切バランス取る気の無い特殊能力で相手の陣地に植民地を作るのが目的。

 

陣取りゲーではあるけど、基本的に攻撃先は均等に回ってくるのでゲーマーと初心者の間であからさまな実力差みたいなものは出にくいかと。

多分この辺が40年間アップデートが重ねられ続けてる理由なのかも

ただ全然プレイ感は自分がにわかゲーマーなせいもあるかもしれないけど、古臭い感じもせず終始楽しめた

 

40年前の初出からひたすら種族(特殊能力)が増え続けて今では100以上もあるらしいのでリプレイ性はとても高そう。

一回のプレイ時間がそれなりにあるので気軽には出来ないけど、多分何回やっても楽しい気はするので機会があればまた是非やりたい

 

f:id:tiadd:20170813214829j:image

 

コズミック・エンカウンター 完全日本語版

コズミック・エンカウンター 完全日本語版

 

 



 

 

 

ドラキュラの逆襲

最近は軽いゲーム中心だったので重ゲーをやる会に参加してきたのでそこでやったゲームを

ドラキュラの逆襲

2〜5人用 120分

 

ヴァンパイアハンター的な4人で各地に配下を置きながら移動する吸血鬼を追いかけるゲーム

イメージ的には(やったことないけど)スコットランドヤードにカードバトル足した感じで、今回はヴァンパイアハンター側だったので追い詰めて行く感じがなかなか面白かった。

 

プレイ時間は長めだけど協力ゲームなのでダウンタイム少なめで、昼と夜で有利不利が逆転するなどシステム的によく考えられててなかなか好感が持てた。

ただどうしても奉行が出やすい気がしたので追い詰め方以外はあまり口出しとかしない方が良いのかなあ、とか考えてみたり、、、

初プレイだったのでなかなか全体のカード効果が把握しきれてなかったので勝手が全然分からなかったけど、序盤運良く吸血鬼見つけることができたので、タイムリミット半分くらい残してなんとか人間側の勝利

 

今回は時間カードをうまく使えなかったので、次やる機会があればその辺も上手く使っていきたいな

 

f:id:tiadd:20170813204613j:image

 

ドラキュラの逆襲 完全日本語版

ドラキュラの逆襲 完全日本語版

 

 

 

6/23 ボードゲーム記録

カタン

カタン スタンダード版

カタン スタンダード版

 

ボードゲームの王様的なカタンを初プレー

アナログゲーム特有のルールの勘違い等もあったけどそこも含めてやっぱり面白い!

ダイスの目の偏りとか専門港の取り合いとか運と戦略のバランスがとてもよくできているあたりが長く楽しまれる要因なんだと感じた。

 

コードネーム 

コードネーム 日本語版

コードネーム 日本語版

 

意思疎通ゲー

根がコミュ障なせいでうまくヒント出せず負けてしまう場面もあったけどルールも簡単でとてもいい。

大人数でわいわいいろいろ言いながらやるのも楽しそうに感じた。

バージョン違いもあるみたいなのでそれを買うのもありかなあ。

 

ファブフィブ

ファブフィブ 日本語版

ファブフィブ 日本語版

 

時間つぶしにファブフィブ

人数も少なかったのであまり大きな動きはできなかったけど、誰が嘘をついたかが割とわかりやすくなったのでこれはこれで面白かった。

インストもルールが簡単でやりやすくてとても助かった

 

デモンワーカー 

デモンワーカー

デモンワーカー

 

今回のゲーム会では一番評判よかったのはこれ

ワーカーの採用はドラフト制のワーカープレースメント

序盤はサクサク、ワーカーの増えてくる後半は飯の確保しつつ作戦カードの要件を満たすために奔走して、大体1プレイ1時間くらいのちょうどいい感じ。

ワーカーの種類も豊富でそれぞれの特殊能力を生かす配置をしながらほかのプレイヤーの邪魔をするのが難しい。

ナショナルエコノミーとデモンワーカーがあれば軽めのワーカープレースメントは満足できそう。

 

 

ダンジョンオブマンダムエイト

ダンジョンオブマンダム エイト

ダンジョンオブマンダム エイト

 

装備を外して自分の作ったダンジョンに潜るチキンレース

ルールも簡単で時間もそれほどかからない軽いゲーム

装備が整っていれば割とどうとでもなるので、序盤に装備を外すタイミングを逃すとかなり深いダンジョンが出来上がってチキンレースが加速する。

運の要素がかなり強いように見えるけど引いたモンスターを見ながらの戦略的な部分もあったりでなかなかむずかしかった。

 

ドミニオン  

ドミニオン 日本語版

ドミニオン 日本語版

 

有名どころその2

一回しかできなかったので戦術を理解しかけた時には負けていた、、、

ただアクションカードの組み合わせが毎回変わったりするのを考えるとカタン同様何回やっても楽しめる工夫があってまたやりたいと感じるゲームだった。

ただカード500枚入りの弊害なのかなかなか増刷されないらしく値段が高騰しているのが残念。

第二版の日本語版早く出ないかなあ。

 

以上、備忘録終わり

 

以下反省点

インストが下手だったので次からはもっとちゃんとできるようにしようと思った

6/4ボードゲーム会参加備忘録

何かを書こうと決めたものの、何も書かないでしばらく経ってしまったので今日参加してきたボドゲ会の記録

 

やったゲーム

ペンギンパーティ

熊牧場

ハツデン

インカの黄金

ペアペア

エセ芸術家ニューヨークに行く

 

それぞれの感想

ペンギンパーティ

 

ペンギンパーティ 日本語版

ペンギンパーティ 日本語版

 

 

開始から人が集まるまで2ゲームほど

個人的にこのゲームをすると、その人の人柄が少しわかる気がしてとても好き。

ルール自体は分かりやすくちっちゃい子どもでも十分楽しめる(はず)のでとてもオススメ

 

熊牧場

ボドゲ会に参加された方が個人的に外国から購入したものを持ってきてくださった物をプレーさせて貰いました。

内容はテトリスと陣取りゲームを足したような感じでそれほど複雑でもなく、コンポーネントもいい感じで楽しかった。

効率の良い得点方法を探りながらだったけど、結局中盤の伸び悩みが響いて2位、、、

ただ、これはかなり面白買ったので日本語版出たら買うかもしれない

 

ハツデン

 

ハツデン

ハツデン

 

 

2人対戦用のカードゲーム。

自分が持ち込んだ物だったけど、もう一人持ち込んでくれていた方がいたので4人でトーナメント形式で遊んだ。

もう少し慣れてくると多少の減点覚悟で変わってくるのかもしれないけど綺麗に目標達成しようとすると引き分けになって後攻の勝ちになるので、なんとなく後攻有利ゲーな感じがした。

 

インカの黄金

 

 

インカの黄金 完全日本語版

インカの黄金 完全日本語版

 

 

 

ひたすらにチキンレースをするゲーム。

目の前の欲と危険とを天秤にかけてギリギリを攻めるゲーム。

1度目は勝つことは出来たが、2度目やった時には完全に欲に負けて0ポイント、、、

ルールも分かりやすくこれも購入候補その2

 

インカの黄金が終わったあたりで隣のナショナルエコノミー組と合流して8人でボードゲーム

 

ペアペア

 

ペアペア連想ゲーム 完全日本語版

ペアペア連想ゲーム 完全日本語版

 

 

ペアにだけわかるようなヒントを出したり騙したりするゲーム。

初めて会う人達が何を考えてるのか探りながらだったけど、なんとなくヒントの出し方でその人の人となりがわかる気がしてとても楽しかった。

ペンギンパーティもだけど対面でやるゲームの醍醐味はこの辺だよなあ

 

エセ芸術家ニューヨークに行く

 

エセ芸術家ニューヨークへ行く

エセ芸術家ニューヨークへ行く

 

 

ラスト20分で時間が微妙だったのでサクッと出来るゲームとして。

まさかの2回ともエセ役としてプレー。

何書いているかはわかったので2回とも勝つことは出来たけど、次やるときはお題描く側でやりたいな。

 

以上

総括

やっぱりボードゲームは楽しい!

 

 

はてなブログ開設

ブログ始めてみます。

 

 

ただのアラサーサラリーマン研究者なので論文を書くような高尚な研究もせず、日々落ちる文章力をなんとかせねば、ということでネットの海に文章を垂れ流して行こうとブログを開設してみた次第です。

 

もともとずぼらな性格なのでどの程度続くかはわかりませんがなるべく長く続けられるように頑張ります。

願わくば、アラフォーになったときにアラサーの自分が何を見て何を感じたのかがわかるような物になりますように